キャラクター紹介とお問い合わせはこちら。

【SEが語る】請負SE(システムエンジニア)とWEB系エンジニアの給料・年収。SEとWEB系の仕事の違い。

it-system

Pocket

8年前

マーケター西野

SEを長くやってきたが、人月ビジネスの限界が見えてきた…会社のビジネスがうまく行って、給料も上がる魔法の杖のようなSEの仕事っていったい…
こんにちは!
今回はSE(システムエンジニア)仕事お給料やキャリアについてうかがいます!

アキ

私も大学の就活時代、金融かITかで迷いました。
もともと金融志望でしたが、IT業界は募集を見るとやりがいも待遇も魅力的なお仕事が多かったのでずっと気になっていました。

アキ

そこで西野さんにリアルなお話をうかがっていきます。
西野さんはもともと東京の海の近くの大手SIerで、SEをなさっていたそうです。
西野さん、よろしくお願いします!

アキ

マーケター西野

どうもー。
今はSIerを辞めてアフィリエイトとWEBマーケティングやってる西野です。
SIer(エスアイアー)とは
ITの技術力を武器に、クライアントからの受流、設計、開発、保守運用までを一貫して手がけるIT版ゼネコン。

マーケター西野

SE時代は楽しいこともキツいこともあったねえ。
給料も仕事のホンネも、なんでも話すよ。
IT大手の会社は仕事が増えていて業績も好調、優秀な人材を確保するために、SEの待遇も上がっているみたいです。
でも、その裏では落とし穴もあるし、仕事がキツいと言う話も。。

アキ

  • SEに就職するって年収や仕事はどうなの?
  • SEに転職したいけど将来性に不安はないの?
  • 請負SEとWEB系の違いとは?
  • どんなIT企業が将来性があるの?
エンジニアって、有名IT企業なら年収数千万円の魔法の杖みたいな仕事もあるって聞いたけど、どうなんだろう?
ぜひ聞いてみよう。)

アキ

SE(システムエンジニア)の仕事の種類

まずは、SE(システムエンジニア)のお仕事と種類について教えてください。

アキ

マーケター西野

オッケー。
SEと一口に言っても、待遇や種類はホントにさまざま。

マーケター西野

プログラミング一筋の人もいるし、開発を離れてプロジェクトの管理が専門の人もいる。
クライアントとシステム導入の調整をする人もいるし、クライアントのIT戦略を設計するコンサルタントみたいな仕事もある。

マーケター西野

いちど細かいことを抜きにして、IT企業の種類を大まかに分けると、下のような種類になる!
  • 元請けSE
  • 下請け・フリーSE(2次〜孫)
  • WEB系エンジニア

ここ最近はAI、IoT、フィンテック、ブロックチェーンなど新しい流れが次々と生まれている!
もちろん、システムエンジニアも多様化している。

 

補足
その他、高度な技術力が求められるデーターセンター・クラウドの構築などインフラ系エンジニア(Java、C、C#など)や、WEBデザイン( javascript・html・phpなど)、サイバーセキュリティのエキスパートなども入れればキリがないが、あえて上の3つに分けて話を進める!

請負SEの仕事と年収とは

マーケター西野

まずは請負SEについて解説しよう。
先ほどの例では、元請けSE、下請け・フリーSE(2次〜孫)がこれに当たる。

マーケター西野

請負とは、人月、とか受託とかとも呼ばれている。
細かい用語は忘れて良いが、「どういうビジネスなのか?」は仕事をする上で非常に重要なのでぜひ抑えてもらいたい。

マーケター西野

請負型には、クライアントと直接契約を結ぶ元請けITベンダ(一次請)と、2次請、3次請、さらにそれ以降のITベンダがある。
請負型の特徴はなんですか?

アキ

マーケター西野

請負型は企業相手であり、品質、コスト、納期(QCD:Quality Cost Delivery)がシビアに求められる!
もちろん、他社と比べた時の条件の良さも重要だな。

マーケター西野

請負型のITベンダは、顧客調整と、プロジェクトの進捗管理が非常に大変だ。
また、クライアントとの調整能力が求められる。
たとえば設計前の上流の工程では、クライアントは何か必要に駆られてシステムを導入するわけだが、大まかな要望しかなかったり、システムに理想を持ちすぎているケースもある。
現実的に実現可能なシステムで、なおかつ必要な要件をひとつひとつ詰めて行く作業はなかなか大変だ。
上流ではあくまでもクライアントのニーズを確認して、設計する段階ですね。

アキ

マーケター西野

そうだ。

マーケター西野

設計がまとまった後の下流の段階では、いよいよプログラミングなど製造に入るわけだが、ここでも製造が思うように進まなかったり、人員が予想よりも不足する、作業工程が意外と増える、などのトラブルがある。
クライアントにもよるが納期は絶対のケースがほとんどなので、この時はなかなか大変だ。
その時期は、世間のイメージのような長時間労働になるわけですか?

アキ

マーケター西野

それは否めない。
ただしその代わり、企業のシステムは長く使うものばかりなので、大型受注、長期案件が多く、会社の収入は安定する傾向にある。

どうなの?元請けSEの仕事とキャリア

マーケター西野

元請けSEが一番イメージのしやすいシステムエンジニアかな。
クライアントのA社が勤怠をタイムカードで管理していたのをPC入力で電子化したい。
導入するには、その会社の実態に即したシステムにする必要がある。
もちろん、システム導入やプログラミングの知識と技術力が必要だ。

 

マーケター西野

そこでA社から注文を受けて、専門技術を武器にシステムを導入するのが元請けSEだな。
 
顧客からの相談・注文を直接受けて完成イメージを固め(要件定義)、システムの構造を設計し(外部設計・内部設計)、プログラミング開発をし(製造)、テストをし、いざリリースしたあと、監視・バージョンアップ・微調整などの運用・保守を行う。

マーケター西野

細かい用語は置いといて、顧客から直接注文を受け、直接相談をされ、開発もして顧客への責任を負うのが元請けSEだ!
建設会社のように、顧客から工事を受注して、建築士による設計や大工職人の製造などを一貫してやるイメージですか?

アキ

マーケター西野

まさに。
そう考えて問題ない。
ある意味、SIerとは建設業で言うゼネコンのようなもの。
SEとは大工のIT版だ。

やっぱキツい?下請けSEの仕事

マーケター西野

では次に下請SEだが、下請けは顧客と直接取引せず、元請けと契約を結んでいる。
取引相手はあくまでも元請けSIerだ。
下請けSEと元請けSEで仕事内容にも大きな違いはあるんですか?

アキ

マーケター西野

そこがポイントだ。

マーケター西野

下請けSEは基本的にはシステムの開発やテストの要員が多く、あくまでも元請け会社の協力者という立ち位置が多いんだ。
なのでプログラミング技術など、専門知識に長けている人が多い。

マーケター西野

実際、元請けSEも、細かい技術は一緒に働く下請けのプログラマーや技術者に頼ることはよくある。
俺も現役時代、データベースの知識などでわからないことはよく聞いていた(笑)
ということは、専門技術を磨きたい人は、下請けSEが合っているということですか?

アキ

マーケター西野

ところが、そう一概には言えない。

マーケター西野

元請けにも、プログラミングなどの開発一筋という専門技術型のキャリアもある。

またデータベースやネットワークやインフラ構築などのスペシャリストになる道もある。
もちろん、数年かけて開発などを一通り経験した後は、技術ではなくプロジェクトのマネジメント側に行くキャリアもある。

マーケター西野

一方、下請けSEはキャリアの選択肢の幅が狭い。

転勤や大きなプロジェクトの管理側に回ることが少ないので、技術などを追求していけるというのが好きな人には良いだろう。
反面、技術力を高めても待遇はそれほど上がらないというデメリットもある。

ということは、どうしても待遇は元請けが有利なのですか?

アキ

マーケター西野

その通りだ。

元請けSEと下請けSEの共通点と違いとは?

マーケター西野

ところで、プロジェクトによっては要件定義や保守運用の段階で下請けSEが顧客と直接やり取りすることもある。
えっと、
それだと元請けSEと下請けSEで仕事の内容に違いがないように感じますが。

アキ

マーケター西野

見た目はそうだ。
この場合、業務の面では元請けも下請けも、ひとつひとつの仕事の内容にそれほど違いがあるわけではない。

マーケター西野

なので大きい声では言えないが、実際、下請けから派遣されて元請けと同じ仕事をしている人は、待遇が違うので不満を感じていることもある。

マーケター西野

ただし違いは、下請けSEも顧客に対して元請け会社を名乗ってコミュニケーションをとるんだが、実質的な決定権や損害の責任の所在は元請け会社にある
つまり責任が違う。
元請けと下請けSEの違い
  • プロジェクトの主導権を握るのは常に元請けSEである。
  • 顧客と直接取引するのは元請けSEであり、下請けSEは元請けからの委託先である。

マーケター西野

また、顧客との受注段階での調整やシステムの全体の設計など、顧客に近い部分(上流工程)は元請けの仕事で、下請けSEが参加することは少ない。
顧客との契約に関する重要なやり取りは元請けが、実際のプログラミングなどの開発は下請けがメインで行うわけだ。

マーケター西野

どちらが良い、悪いの問題ではないが、好みが分かれるところだろう。
就職する時、この違いを知っておかないと、後で仕事との相性で苦労しそうですね。

アキ

WEB系エンジニアの仕事

では次にWEB系エンジニアですが、これまでの話とはまた種類が違いそうですね。

アキ

最近は、請負型からWEB系に転職したいエンジニアも多いと聞きます。。

アキ

マーケター西野

そう。
WEB系の仕事は請負型の考え方とは根本から違う。

WEB系エンジニアの仕事の特徴

マーケター西野

WEB系は、その名の通りWEBサイトを製作、運用して顧客に商品やサービスを提供する形態や、WEBゲームソフトを制作する、アプリを制作する、などが主にある。
WEB系の共通点は、企業向けシステムと違って顧客は消費者という点だな。
WEB系エンジニアに求められるスキル!
楽天、アメブロ、電通、ヤフーもグーグルも、ほとんどが俺たちのような個人消費者に訴求するビジネスだ。

普通の人が使うサービスを作るお仕事が多いんですね。

アキ

マーケター西野

そう、多くの人にアクセスしてもらうのがWEBだからな(笑)

 

WEB系のエンジニアは市場調査や他者との差別化などシビアなマーケティング戦略も練りながら、同時にITでサービスを実現するためのシステム開発という技術的な課題と向き合う!

 

WEB系は請負型のようにプロジェクトの進捗管理や納期、品質が求められることに加えて、気まぐれで個性のある多くの個人顧客を相手に、継続して自社のサービスを選んでもらわなければならない。

マーケター西野

B2Bを得意とする野村総合研究所、NTTデータ、新日鉄住金ソリューションズなどはテレビCMでほとんど見かけることは少ないが、楽天、グーグル、アマゾン、リクルートなどB2C企業は頻繁に見かけるのはこの違いだ。
たしかに、CMの頻度は全然違う印象です!

アキ

B2B/B2Cとは
一般的には、請負型ビジネスは企業向けであることからB2B(Business to Business:企業対企業)、WEB系はB2C(Business to Customer:企業対個人消費者)と呼ばれます。

マーケター西野

かなり乱暴な言い方だが、請負型はあくまでも発注元企業の要件を満たせば収入が見込める。
新製品開発のようなクリエイティブな企画力はあまり求められない。
1にも2にも進捗と品質だ。

マーケター西野

しかしWEB系は技術力があるだけではダメだ。
ではWEB系の魅力と大変さを教えてください!

アキ

憧れ?WEB系サービスの魅力とキツさ

マーケター西野

WEB系の商売は変化が激しく、消費者に直接触れることができる。
これは強いし、面白みがあるかもしれない。

マーケター西野

しかし一般消費者は厳しい。金と時間をかけて作ったサービスが世の中で受け入れられるかどうかはわからない。
エンジニアの苦労は一切関係なく、サービスに触れてつまらん、いらん、興味ない、と容赦ない。
初めは使ってくれても、もっと魅力的なサービスが現れれば容赦無く乗り換える。

マーケター西野

また、マーケティング力も必要だ。
エンジニアが自分で市場調査や商品企画をするかもしれない。
あるいは自分ではしないくても、サービスを企画した人の要望を聞きながらシステムを開発することになるため、マーケティングへの理解はどのみち必要だ。

マーケター西野

日進月歩の技術をキャッチアップしながら、飽きっぽい消費者に、受け入れられ続けてお金を払ってもらってメシを食う。
WEBエンジニアはなかなかキツい仕事だ。

WEB系の仕事と給料はバラ色ではない

マーケター西野

強調しておきたいところだが……
請負型とWEB系では、ビジネスモデルが違うだけで、どちらの人材が優れていると言う話ではない。

マーケター西野

請負ビジネスでは、技術力を持ちつつ、それに加えて顧客企業との調整能力の二刀流に長けた素晴らしい人材も居る。

西野さんが触れてきた中で、業績が伸びていて、魅力的な同僚エンジニアが多かったのはどんなジャンルでしたか?

アキ

マーケター西野

そうだな、最近特に収益を伸ばしているジャンルは、製造、流通、メディア、自動車、金融関連などだろう。
ちなみに大手SIerの中で最も収益率が高い野村総合研究所(NRI)は、流通と金融が稼ぎ頭だ。
IBM系は銀行システムなどの金融系だ。

マーケター西野

これらの大手SIer規模のSEとなれば、技術力だけでなく業界知識にも精通し、プロジェクトの管理にも精通しているツワモノはたくさんいる。

WEB系転職希望者に告ぐ

最近では請負型SEが、WEB系エンジニアに転職したいという希望が多いようですが。。

アキ

マーケター西野

しっかりとWEB系の魅力も大変さをも理解した上で転職するのなら良いが…
俺に言わせればWEB系だってバラ色ではない。

マーケター西野

WEB系はグーグルや電通、リクルートなど一部の超エクセレントカンパニーの素晴らしい待遇が注目を集めているが、WEB系でも苦労している会社は山ほどある。

マーケター西野

個人消費者に近くて、世に広く知られる機会が多いのがWEB系だと言う話にすぎない。
WEB系だって派手なように見えるが、クリエイティブばかりではなく泥臭い仕事もある。

マーケター西野

一方で、請負だって商売が安定していて技術力が身につく。
もちろん、年収だって請負の一次請なら決して悪くない。
野村総合研究所、アクセンチュア、日本IBM、SCSK、データなど一流企業は待遇は十分良い方だ。
うーん、どちらも魅力と大変さがよくわかりました。。
(でも、西野さんはWEB系が大変なのは分かっていても、安定収入を貰えるプロジェクトそのものではなく、消費者を向いて仕事をしたいから独立したのかな。)

アキ

請負型SEとWEB系エンジニアでもない第3の商売

あの、素朴な疑問なのですが。
西野さんが思う、やりがいもあって企業も儲かって、給料も高い企業なんてあるのでしょうか?
ITの世界では優秀なら年収数千万円のエンジニアもザラだと聞いたことがあります。

アキ

マーケター西野

いい質問だ。
普通、そんな魔法の杖のような商売はないと答えるところだが……
現実にはある!
え!
そこが気になります!
どんな条件が必要ですか?

アキ

マーケター西野

それについてまた別の機会に話すことにしよう。
長くなるからな。
え、良いところで!
ヒントだけでも教えてください!

アキ

マーケター西野

そうだな…
でもビジネスの戦略にも関わる少し難しい話かも知れないけど本当に大丈夫か?
もちろんです。
投資初心者ですが、世の中を知って、キャリアの参考にしたいんです。

アキ

マーケター西野

熱心だねえ。
じゃあ、宿題だ!
グーグルとFACEBOOK、そしてNTTデータの営業利益率を調べておくこと!
一言だけ教えておくと……「強烈な自社サービス」を抱えている企業だ!

強烈な…自社サービス?

アキ

マーケター西野

じゃあ、またっ!
ちょっと、西野さーん!

アキ


請負型はそれほど悪くない、WEB系も泥臭いし待遇もピンキリ。
ちょっと意外だったかも。
でも西野さんはなんで東京の海の近くの大手SIerをやめたんだろう。
西野さんの分析力があれば、エンジニアとしてそこで長く働くという選択肢もあったはずなのに……

アキ

(魔法の杖、自社サービスってどんな意味だろう…)

アキ

西野さんって、屋台大好きお兄さんでいつもはお気楽モードなのに、すっごいロジカル。
お話は真剣そのものだったな。
宿題、調べとこう!

アキ

と言うわけで、魔法の杖、自社サービスについてはまた別の機会に記事にいたします!
鋭意作成中ですので、お楽しみにしてくださいね!

アキ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。