「仕事を辞めたい」仕事を辞めるべきか悩む時読んで欲しい私の実体験

都市とビジネスパーソン

Pocket

私は20歳から4年間勤めてきた仕事を辞めましたが、それまでは仕事を辞めるべきかどうか、かなり悩みました。

その時の私が仕事で悩み、結局転職に成功した時の体験談をご紹介します。

今思えば、当時は会社をすぐに辞めるべきとわかっていました。
しかし行動を先延ばしにして無駄な時間を費やしてしまいました。

昔の自分に会ったら「現状が変わる心配はわかるが、辞めるべき仕事にしがみついても全く意味がない。今すぐ行動しろ」と叱りたいくらいです。

仕事を辞めるべきか悩んだ数年間

私は社会人を3年ほど経験してから退職して大学に入り、卒業して某IT会社に入社しました。

専門知識も身につき、給料も高く、社員はみな優秀。
業界の中でも優良会社として上位に名前が挙がる会社です。

待遇は新聞・経済情報誌などのランキングで常に上位、B2Bにもかかわらず新卒就活性にも人気の会社です。

「転職」というと少し表現が違いますが、大学で4年かけて自分の市場価値を高め、良い会社に入り直したと考えれば「長い転職活動」と言えなくもないでしょう。

辞めるべきと分かっていた会社

以前の会社は、高卒でフリーターをしてから20代はじめに入社しました。
給料も低く、特別なスキルが身につくわけでもない。

入社して1~2ヶ月で「この会社には将来性もないし、ここでどれだけ頑張っても給料も上がらず私のキャリアにプラス要素がない」と悟ってしまうような会社でした。

ただ人数だけが多い会社で、「頑張ればこの先に何かがあるかも」と考え3年間粘りましたが「完全に時間の無駄」でした。

私は契約社員でしたが正社員並みの働きをしても給料は上がらず時給は1100円、手取りで12~14万円ほど。

はっきり言って希望の見えない生活苦でした。

それでも3年以上も居続けたのは、ただただ上司が「頑張ればいいことがある」とエサを振りまき引き留めたからです。

その引き留めに半信半疑でついていき、結局1~2年悩み続けながらも前向きにスキルアップを試みた続けたわけですが、待遇もよくならず、専門知識も身につかず、何もありませんでした。

むしろ会社に見切りをつけて退職し、飛び出した結果、これだけ劇的に自分の市場価値が上がり、優良企業で優秀な同僚、高い給料、自分を磨き続けられる環境を得られると知っていれば、ただただあの悩んで何も行動を起こさなかった数年間を悔やむばかりです。

この記事は、「仕事を辞めたい」と悩んでいる方、今の会社に不満がある方、何か行動を起こしたいがどうすればよいのかわからない方に、私の失敗と成功のエピソードをお伝えします。

個人的な経験なので一概には言えませんが、共感していただける話もあると思います。

仕事を辞めたい理由はキャリアと能力向上

私が転職したいと考え、以前の会社を辞めた理由は、「どれだけその会社で仕事を頑張っても私のキャリア形成にとってメリットがない」からでした。

  • 親会社からの指示待ち体質で自ら市場機会を創出する気概なし
  • 正社員は50代過ぎの再雇用組ばかりで目標とすべき第一線の先輩社員が居ない
  • 事務職に終始するため専門知識も技能も身につかない
  • なるまで10年かかるSVレベルでも契約社員にすぎず正社員への道が狭すぎ
  • 仮に正社員になっても会社の将来性が危うく、給料が低すぎる

つまり配偶者の収入があり、お小遣い稼ぎをしたい主婦を中心に契約社員として雇い、ルーチンワークを安い時給で任せ、その管理はやる気のある20~30代の働き盛りの若手にスズメの涙を上乗せした時給で契約社員としてやらせるという典型的な地方低賃金型のニアショアワークでした。

会社の将来性は皆無

今給料が低くても、頑張ればスキルや専門技能が身につき、将来的に待遇が良い道が開かれているならその会社で頑張る選択肢もありましたが、将来性は皆無。

まだ若い私にとって、10年経ってSV(スーパーバイザー)になっても、スキルも身につかず月20万円ももらえない会社にいるメリットはありません。

しかし50代の部長・課長にとっては、安い給料で懸命に働いてくれる若い男性社員は貴重な人材です。

  • 仕事を頑張れば待遇が上がる
  • いつかは正社員になれる
  • 組合を作って会社と戦えば今より良くなる
  • いつかは中核の戦力として管理を任せたい

など期待を持たせるようなことばかりを言って、会社に引き留めにかかっていました。
管理者である部長・課長はなにせ人たらしで、口がうまいのです。
(今思えばそういう意味では部下を引き留めるという仕事ができる上司でした)

会社のキャリアと現実

私の在籍していた部署は130人ほど。
部長課長が計3名で、SVなど正社員は5人ほど。
他は私を含む100名以上の契約社員が実務を担っていました。

働き盛りの若手は40名ほどいましたが、契約社員として格安の十数万円の給料で貴重な労働力を会社に提供していました。

他の会社で通用するような優秀な若い先輩も、驚くような低い給料で正社員以上の働きをしていました。

ただし、大手通信会社の子会社でしたから、残業削減、パワハラ・セクハラ防止、などワークライフバランスや福利厚生、企業倫理には非常にうるさく(そこは評価されるべきポイントですが)、それがまた居心地の悪くなさを生んでしまいます。

その「居心地の良い低年収」によって私は夢を見て本当に失敗しました。

キャリアについて真剣に考えておらず、このままの環境に身を任せて将来を見据えた次の行動を先延ばしにしてきました

どれだけ頑張っても、時給は1円も上がりませんでした。
身についたのは電話応対やメールなど基本的ビジネスマナーだけでした。

これならどの会社でも身に着けることはできます。

課長の勧めで組合活動を通して何か変わるかもと期待しても何も起こりませんでした。

「今の会社にもいいところがある」と自分を納得させることで、将来を見据えたキャリアという広い視野を持つことを怠った数年間、20代前半という人生の貴重な貴重な時間を台無しにしてしまいました。

仕事を辞めるきっかけは劣等感

22~23歳といえば、大学を卒業して新卒ラッシュの年齢です。
私の同級生の友人の噂をちらほら聞いたり、フェイスブックで就職の話を目にします。
仲の良かった友人が地元憧れの国公立大学を出て経営コンサルタント、スポーツ仲間だった友人が税理士資格を取得、別の友人は医学部に進学中など、うらやむような話を耳にします。

私は憧れの大学があったのですが受験に失敗し、浪人も挫折し、野放図な日々で今はしがない契約社員で手取り12~15万円。

自分のふがいなさに劣等感を抱えていながら仕事をしていました。

今の私が身を置いている状況がいかに甘えた将来性のないものか。
にもかかわらず、貴重な人生の時間を浪費して、適当な言い訳でごまかしているのか。
現状が底辺なのに何を恐れて行動を起こすことから逃げているのか。

  • 年収が低い
  • 仕事しても能力も上がらない
  • 私は会社のごくごく小さな部品扱い

年収の低さは、社会に対して価値を生み出すことができていない、そして他でも替えがいる仕事をしている証拠。

私は仕事を辞める決断がつきました。

仕事選びで役に立つ「人的資本理論」

知恵を使わなければ良い仕事を選べません。
能力を高めなければ高収入は得られません。

私はどうにかして自分の市場価値を高める方法を考えました。

人的資本理論」をご存知でしょうか。

人的資本理論とは

労働者の生産性は投資によって高めることができる。

投資とは教育。

つまり教育を受けたり経験を積むなどの投資をすることで能力が上がり、能力が上がると市場価値(収入)が上がる、という考えです。

市場価値(=年収)は能力で決まります。

そして、能力を高める手段には「教育」があります。

どこかで経験をするのか、資格を取るのか、勉強するのか、プログラミングなどのスキルを身に着けるのか。

リクナビなどの転職サイトで求人を見てみても、良い求人は応募の条件で「営業経験」「実務の技術経験」などの具体的なスキルが要求されるものがほとんどです。

その会社でしか役に立たないようなスキルしか身につかない事務職しか経験しそていない私は、そもそもその会社に応募する位置にすら立っていません。

 

かといって、未経験OKの求人はとりあえず試験的に大量に採用して、だめならすぐに切り捨てるという質の悪い仕事や、そもそも低賃金でルーチンワークのような仕事ばかり。

やはり魅力的な条件があるはずがありません。

今の会社と同じような失敗はしたくないので、何か能力を身に着けるしかないと考えました。

資格やプログラミングなどのスキルをとることも考えましたが、あまり良くない思いました。

もちろんやろうと思えば勉強する意欲はありましたが、あまりにも変化が激しい時代、今20代で60歳くらいまでの40年間、なにか特殊な技能・専門知識を苦労して身に着けたところで一生食わせてくれるほど甘くはありません。

仕事の能力とは金儲け

では一生役に立つ能力は何かといえば、金儲けの能力です。

就職とは結局のところ、会社の役割を与えられるということです。
会社の目的な何かと言えば、「営利=金儲け」に尽きます。

つまりは稼げる人材こそが、市場価値が高く、高い給料を得られる人間です。

技術や専門知識そのものが重要なのではありません。
高い技術も専門知識も、コンピューターやAIに代用された瞬間、その人材の市場価値はゼロです。

今、融資を取ってくる銀行員は交渉力によって高い給料を得ています。
IT業界でシステム開発で高収入のエンジニアは、短時間で効率的にまとめあげる開発能力によって高い給料を得ています。

転職やキャリア形成を考える時、目に見えやすい交渉力・営業力・技術力などに目が行きやすいのですが、そこはポイントではありません。

会社という営利団体を支えるのは、技術などのスキルを手段として活用して顧客に価値を提供し、金儲けという目的につなげることの人間です。

「金儲け」というと身も蓋もなく直球すぎますが、「収入を得る」という言葉を端的にわかりやすく表すには「ビジネス」「マネジメント」よりも、「金儲け」と言ってしまった方が的確です。

つまり技術や知識を身に着ける前に「金儲け思考」が土台になければ過ちを犯すことにもなりかねないのです。

金融のプロ集団であるはずの国内メガバンクですら人員削減に踏み切る時代です。

「みずほ、店舗2割削減へ 12%減益で1.9万人削減発表」
みずほフィナンシャルグループが13日発表した2017年4~9月期連結決算は、純利益が前年同期比12%減の3166億円だった。日銀のマイナス金利政策による利ざやの縮小に加え、株式や債券を売買する市場部門の低迷が響いた。収益力の向上にむけた構造改革案も公表。人工知能(AI)などを使った効率化で業務量を減らし、26年度末までにグループの従業員数を現在の約7万9000人から6万人に減らす方針を明らかにした。

(日本経済新聞 2017年11月13日)https://www.nikkei.com/

三菱UFJ、9500人分の仕事自動化 国内従業員の3割
三菱UFJフィナンシャル・グループの平野信行社長は19日、国内の事務作業の自動化やデジタル化で「9500人相当の労働量の削減を実現したい」と明らかにした。人数は三菱東京UFJ銀行の国内従業員の約30%に相当する規模だ。

(日本経済新聞 2017年11月13日)https://www.nikkei.com/

専門知識があって高学歴の銀行員を大量に抱えるメガバンクですら衰退の真っ最中です。

もちろん、人員削減の背景にはネガティブな理由だけでなく、より生産性を高い仕事を求める、よりクリエーティブな分野に精鋭人材を振り向けるという目的もあるでしょう。

しかし、バンカーとして市場機会を常に先駆けて発掘し変化をしてきたJPモルガンやゴールドマンサックスなどの「金融プロ集団」とは業績の違いが歴然です。

日本の銀行員は会社と業務だけに忠実な「サラリーマン」ばかりなのでしょうか。決してそうではないと思いますし優秀な人材ばかりのはずなのですが、残念ながら今は業績が下降しています。

時代で色あせない普遍的仕事の力

環境はある程度自分で変えられますが、世の中の大きな流れは絶対に変えられません。

事務作業はロボットが代用し、複雑な知的作業もある程度はAIで代用されます。

資格、スキル、会社の人間関係しがみつくことは死を意味します。

忠実になるべきは会社に対してではなく、市場(顧客)に対してであるべきです。

 

貴重な時間を無駄にしてきた私だからこそ、将来のキャリアを慎重に考えた結果、至った結論は「金儲け思考」だったのです。

私の思う金儲け思考とは、特定のスキルに依存せず、あらゆる手段を柔軟に検討し、これからの時代の大きな流れを読み、利益を獲得する組織を構成しつづけることのできる考え方です。

稲森和夫(KDDI・京セラ)、孫正義(ソフトバンク)ら偉大なビジネスパーソンは、時代の流れを読み、時代の要請に応えたからこそ、あれだけ巨大な会社を一代で築くことができたのです。

二人とも若いころは特定の専門知識はがっつり身に着けてきましたが、それだけに依存していたら今日の二人はないでしょう。
やはり顧客と時代の流れに真摯に向き合ってきたのです。

どんな会社でも役立つ能力を習得するには

私は仕事を辞める前に金儲け思考(企業家思考と言ってもよいかもしれません)を身に着ければ市場価値の高い人間になれると考えました。

では、どのようにして企業家思考を身に着けられるのか。

できることなら、働きながらビジネスパーソンとしての考え方を学ばせてもらえる会社に転職できればそれが一番良い。

リクルートHDやサイバーエージェントのような企業家精神旺盛な企業に入社したい。

しかし、そもそもそのような魅力的な求人の条件は「大卒」が必須で、私は高卒でしたから土俵にすら上がれませんでした。

そうだ、ビジネスの学べる大学に行こう

これが結論でした。

大卒という日本全国で顔が利く最低限のキャリアのパスポートと、企業家思考を身に着けるにはこれが一番だと思ったのです。

当時20代半ば。

今が最後のチャンスだと思いました。

私が転職に成功するまで

大学には社会人入試で合格し、大学では講義も独学でも相当勉強しました。

経営学、経済学、ファイナンス、会計、金融、マーケティング、経営管理論などなど。

4年生で就活をしましたが、まだ20代ということもあり、新卒として扱ってくれる企業が幸いにもいくつかありました。

つまりは本来中途という年齢ですが、実務経験がなくても基本的な能力やパーソナリティで採用します、ということです。

私の年齢でもOKな数社だけに応募し、1社から内定をもらい即就活を終了しました。

冒頭でも書きましたが、大手IT企業で、B2B一次請け、待遇の良さは全国的に知られています。

業績絶好調で新規事業も手がけるというエキサイティングな仕事。

私はIT未経験どころか「プログラミングって何?」という状況でしたが、充実した研修期間があるのでしっかり教育を受けてキャッチアップできます。

もちろん、仕事は忙しいし楽ではないし、技術の進歩についていくための勉強は必須です。
会社からは成果も求められます。

しかし、日に日にスキルが上達していく、待遇も上がっていくのが目に見えて実感できます。

  • 仕事が充実して会社が大きくなっていく楽しさ
  • 能力を伸ばし最大限発揮する環境
  • 待遇も年収も劇的に上がる

良い会社は転職してすぐに実感する

前の仕事を辞めて、大学にまで行って試みた転職は、完全に成功でした。

今のところは会社に不満はありません。
時代の流れで今もこれからも必要とされる仕事なのは間違いなく、業績も好調です。
日進月歩でついていくのは楽ではありませんが、能力を最大限発揮できている喜びがあります。
実績に応じて、収入も上がっていきます。

この業種は労働市場がひっ迫していて優秀な人材を囲い込むのにどの会社も必死です。
会社も魅力的な条件を提示してくれているので、今のところ転職の理由はありません。

以前の会社は、「頑張れば良いことがある」「俺もつらいんだ」と口だけ上司の狸演技に騙されましたが、会社という環境が変われば天と地の差だと実感します。

これも下請け根性で市場を見ようともしない衰退していく会社と、市場を見ながら変化して伸びていく会社の違いですね。

以前の会社で悩んでいた数年は完全に時間の無駄でした。

今だから断言できますが、
仕事を辞める理由が明確であれば、辞めることは決して逃げではないと思います。

辞めるべき会社の特徴

以前の会社は、親会社の仕事を取ることしか頭になく、従業員には安い給料で非正規雇用。

雇用でルーチンワークをやらせるだけの会社でした。
これ、言い方は悪いですが人件費の安い海外に工場を作ってコストカットして、均質な商品を大量にさばいて儲けるだけの原始的な商売と同じです。

20世紀は通用しましたが、強みはコストと生産力以外にないので、経営としても面白みもなければ将来性もないんですよね。

人件費を削ろうとする給料の安い会社が基本的にこれに当たります。

管理者も、安い給料で人材を確保することがメインの仕事なので、私のような働き手からすれば、スキルアップや待遇改善なんて望むべくも無かったわけです。

今の主役はITで、コストというよりサービスのアイデアが重要なので、このようなビジネスモデルは21世紀は通用しないと思っています。
ユニクロだって、柳井社長が「ファッション業ではなくて情報業だ」と焦っているくらいです。

ファストリの柳井氏 「情報製造小売業になる」
ファーストリテイリングが12日発表した2017年8月期の連結決算(国際会計基準)は純利益が1192億円だった。前の期の2.5倍で、過去最高となった。中国や東南アジアなど海外で主力の衣料品店ユニクロが好調だった。国内でも「感動パンツ」「ワイヤレスブラ」などの商品が伸びた。同日都内で記者会見した柳井正会長兼社長は「(足元で進行する)本格的なグローバル化やデジタル化はあらゆる産業に影響を与えている。我々はグーグルやアップル、アマゾンなどグローバルブランドと協力し、製造業から情報製造小売業となる」と述べた。

(日本経済新聞 2017年10月12日)https://www.nikkei.com/

このような時代の流れは変えようがありません。

負け戦の環境を改善しようとするよりも、勝ち戦の良い環境に行った方がはるかに賢明です

辞めるべき会社は衰退する
大学で学んでいる間、以前の会社のことを調べてみると、その会社は無くなっていました。
一部の組織だけは地元の系列会社と合併したようです。

親会社が環境の変化に対応するためにビジネスモデルの転換を図っていて、傘下の子会社を集約化している動きのようです。

時代の流れですね。

仕事で悩むなら躊躇する理由はない

やはり特定の業種や会社でしか役に立たないスキルも時には重要ですが、その土台には「スキル・知識を手段としてどう稼ぐか?」というビジネスパーソンとしての企業家的考え方が必要なのを実感します。

今の会社は待遇もよく、時代のニーズに応えていて、能力も身につき、上司は厳しくも優しいです。
本当に良い会社だと思います。

しかし、今後、アマゾンやグーグルが劇的なゲームチェンジを仕掛けてきて、市場が寡占化していくことも考えられます。

その時は私は時代の流れにしたがって、会社を動かすよう努力します。
しかしそれでも以前の会社のように動かない、あるいは手遅れならば、ためらいなく退職します

「お世話になった会社だから」とか「今の会社の人間関係が好きだから」という思いはありますが、少しの油断が致命傷になります。

どんな時代でも、会社に忠実なサラリーマンではなく、市場や顧客に忠実で利益もあげられるビジネスパーソンでなければ生き残れません。

成功している企業家も投資家も、リスク管理は本当に厳しくて、撤退の基準が明確です。
孫正義も、ウオーレンバフェットも、中華の日高屋の社長も同じです。

以前の会社にいた時のみじめな思いを忘れることはありませんが、これからも油断せずに市場を見極めていこうと思っています。

仕事を辞めるべきかどうか悩むなら

この記事を終える前に、仕事を辞めるか悩むあなたに最後に伝えたいことがあります。

続けても時間の無駄にしかならない仕事は存在する

私はあなたの境遇は分かりません。
もしかすると優良企業なのに、仕事との相性の問題や人間関係など別の点で悩んでいるのかもしれません。
なので、一概に「辞めるべきだ」とか「残るべき」などは全く言えません。

私の場合は、誰でもできるルーチンワークのため頑張っても明らかに能力も身につかない、給料は絶対に上がらない、仕事の将来性がない(実際、辞めた後に会社は吸収合併された)という明確な辞めるべき理由がありました。

そのような会社でも、几帳面で真面目な人ほど「辞めたら逃げになる」とか「せっかく会社にお世話になったのに」などと考え、私のように悩んでしまいます。
しかし、それは安い人件費であなたの貴重な労働力を確保したい会社が喜ぶだけで、あなたには専門能力も知識も身につきません。

もし辞めるべきだと考えているなら、転職サイトで情報収集だけでもすると良いでしょう。
探せば良いサイトは見つかりますが、それだけだと不親切なのでいくつか挙げると、王道ですがエージェントに頼りたいならリクナビか関東関西の若手ならマイナビが良いと思います。
情報収集だけならリクナビNEXTが良いと思います。件数が多く、エージェントからの連絡はメールしか来ませんので。
(それぞれ登録しなければ使える機能が限られるならないのは面倒ですが、無料なので我慢と言うところでしょうか)

あとはぜひご自身でも調べてみてください。

最後に

話を戻すと、

  • 時間を切り売りするだけの仕事
  • 自分の能力を高めてくれない単純な仕事
  • 自分を安売りしている仕事

自戒の込めて言うのですが、このような仕事は、決して将来性がないし、頑張っても疲れるだけで終わると断言します。

人件費を抑えるだけが戦略の会社は人手不足が本格化して人件費が高騰、AI・RPAなど自動化が普及してきた時に真っ先に淘汰される可能性が高いです。

今後生き残るビジネスについてはこちらの記事で詳しく解説しています。
(少し上級者向けかもしれません。)

全ビジネス人必見「会社はこれからどうなるのか」岩井克人著の感想 | 生き残るビジネスの条件

キャリアに正解はありませんが、続けても何にもならない仕事と、辞めずに頑張れば続けて良かったと思える仕事があります。

陰ながら、あなたのこれからを応援しています。

 

この記事で紹介した無料で使える転職サイト

総合力のリクナビ、関東関西の若手なら兼用できるマイナビ、情報収集だけならリクナビNEXTです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。