【為替レートの理論】絶対的購買力平価とは。公式や計算をわかりやすく解説

a-ppp

Pocket

この記事では、購買力平価説(PPP)の理論、絶対的購買力平価をわかりやすく解説しています。

アキ

そこで、経済学の中村教授に伺います。

アキ

中村教授

中村です。
購買力平価は、外国為替レートやマクロ経済を考える、重要な理論です。
難しい理論ではなく、身近なモノの価格が出発点なので、肌感覚で理解できるのではないかと思います。
絶対的購買力平価とは、2国間の通貨の購買力によって為替レートが決定されるとする説です。2国間で同じ財・サービスの価格をまとめた財バスケットを組み、総合的に購買力を比較することで為替レートの割安・割高さを測ります。バスケットの価格に大きな乖離があれば、裁定取引が働き、平価まで修正されると考えられます。
補足
そもそも購買力平価を知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

ppp 【為替レート】購買力平価説(PPP)とは。一物一価とわかりやすい為替レートの経済学

絶対的購買力平価とは

中村教授

絶対的購買力平価(絶対的PPP)とは、財・サービスなどモノの価格を直接比較することです。

絶対的購買力平価の理論

中村教授

具体的には、2国間で財バスケットというものを組みます。
その中に、食料品や、家電の価格などを盛り込み、ひとつひとつを2国間で比較します。
財バスケットに含まれているモノの価格が2国間で同じならば、絶対的購買力平価が成立しているわけです。
国内と国外のモノを、為替レートで換算して価格を比べるんですね。

アキ

中村教授

その通りです。

絶対的購買力平価の式

絶対的購買力平価の式は以下の通りです。

P=SP*

これを使えば、購買力平価が成立しているか、現実に確かめることができます。

「計算が面倒だ!3行で!」というあなた

教授、この絶対的購買力平価で外せないポイントは何でしょうか?

アキ

  • とりあえず式があって、それに日本のコーラの値段と、アメリカのコーラの値段と、為替レートを比べる。
  • もし相対的なコーラの値段に大きな乖離があれば、どちらかの通貨が過小評価されていたり、過大評価されていたり、歪みがある可能性がある。
  • それなら後で揺り戻すか、経済の意外な真の姿を映しているかも。

中村教授

ということだけを理解すれば良いでしょう。

絶対的購買力平価が成立しているケース

中村教授

Pは自国のモノの価格、Sは名目為替レート(いわゆる為替レート)、P*は他国のモノの価格です。
例えば前のページのコーラの例だと、日本でコーラの価格は100円、米国で1ドル、為替レートは1ドル=100円でした。
この場合はP=100円、S=自国の物価/他国の物価なので100円/1ドル、P*=1ドルなので、式は

 

100円=(100円/1ドル)×1ドル
=100円

 

となって、絶対的購買力平価は成り立っています。

絶対的購買力平価が成立していないケース
もう1つの例です。
日本では1本80円、米国では1ドル、為替レートは1ドル=100円とします。

P=80円、Sは100円/1ドル、P*=1ドルなので、式にあてはめると

 

80円=(100円/1ドル)×1ドル
=100円

 

となって、絶対的購買力平価は成り立っていません。

中村教授

絶対的購買力平価が正しいとすれば、短期的にはモノの価格に差異はあっても、長期的には均衡します。
今後、裁定貿易のチャンスを狙ってドル売り円買いが進みますから、これからはドル安円高方向に進むと考えられます。
と言うことは円を持っていれば得しそうですね!

アキ

教授、ここの絶対的購買力平価の理論を知れば、為替で儲けられるのかにも興味があります…!

アキ

中村教授

なるほど。
儲けを考えるのは経済学の研究の原点でもあります。
では儲けのチャンスについて考えてみましょう。

FXトレーダー必見!購買力平価理論と儲け

中村教授

上の具体例から、2国間で同じモノの価格を為替レート調整分で比較して、もし絶対的購買力平価と大きな差があれば、どちらかの通貨が過大評価または過小評価されている可能性があります。
と言うことは!

アキ

中村教授

はい、今後為替レートは何かをきっかけにして調整する方向に動くかもしれません。
FX取引をする投資家は、もしその動きを予測できれば、儲けのチャンスになります。

色々な地域の国のホテルの代金、モノのレストランの料金、時給などを見てみれば、「明らかにおかしい」という数字は見つかります。
為替レートは、歪みを映します。
その歪みが、経済の真の姿を教えてくれるかもしれません。

歪みが為替レートや経済を動かす原動力になることもあるんですね!

アキ

絶対的購買力平価ポイント
絶対的購買力平価によると、2国間であるモノの価格が同じになるよう、為替レートが調整される。

P=SP

自国での価格=為替レート×他国での価格

絶対的購買力平価の欠点

中村教授

あくまでも貿易財しか比較できず、電気、水道、宿泊サービスなどの非貿易財は対象になりません。

裁定取引ができなければ「一物一価の法則」は成り立ちません。

また、貿易財でも自由に貿易ができないような状況もあります。
関税や輸出入制限、多大な輸送コスト、市場独占企業がいる、などです。

また、ポルシェやフェラーリのように世界販売されてはいるもののあまりにも数が少ないものは、地域要因というよりもケースごとによって価格にブレが起きやすいので、一物一価は成り立ちづらいです。

しかも、大企業のグローバル化によって、貿易財と非貿易財の境界線があいまいなことがあります。

中村教授

単に同じものの価格が乖離しているからと言って、「為替レートがあとで調整されるかも?」と考えると、にはまる可能性もあります。

まとめ

2国間の物価を比較するために、移動可能な貿易財を数多く採用した物価バスケットを組みます。
2国間でそのバスケットの価格に大きな乖離があれば、裁定取引が働き、平価まで修正されると考えられます。

中村教授

絶対的購買力平価の欠点を埋めるものとして、相対的購買力平価があります。
これは次回解説しましょう。
ありがとうございました!

アキ

絶対的購買力平価まとめ
  • 「世界中どこでもモノの価格は同じになるはずだ」という一物一価の法則が前提
  • 「短期的には価格の変動があったとしても裁定取引によって長期的には為替レートがそれを調整するように変動する」(絶対的購買力平価)

 

コメントを残す