【為替レート理論】カバー付き金利平価(CIP)とは。公式・計算式やFXへの活用をわかりやすく解説

cip

Pocket

外国為替レートのメカニズムの理論のひとつ、カバー付き金利平価説(CIP)」を、わかりやすく解説します。
中村教授、よろしくお願いします!

アキ

中村教授

中村です。
金利平価は、外国為替レートのメカニズムを説明する重要な考え方です。
グローバルな資産運用にはもちろん、FX取引では短期・長期でもファンダメンタルズ分析で重宝する定番です。

カバー付き金利平価説(CIP)理論と計算式

中村教授

カバー付き金利平価の理論は計算もありますがそれほど難しくはありません。

カバー付き金利平価(CIP)とは

中村教授

カバー付き金利平価(CIP|Covered Interest Parity)とは、このような説です。
カバー付き金利平価とは、金利から為替レートの変動を説明する説です。2国間で金利差がある時、低金利通貨を高金利通貨に替えて運用する金利裁定で儲けるケースで、将来のリスクヘッジのために為替予約をすれば利益は確実です。ただし、実際は多くの投資家・企業が先渡取引(フォワード)で同じ取引をして為替レートが調整されてしまい、儲けの余地がゼロになるのです。

中村教授

言い換えると、こういうことです。

将来の為替予約をして為替リスクをヘッジしている投機家が多ければ、誰か1人が為替リスクをヘッジしながら(カバーしながら)2国間の金利差を利用して儲けることはできない。
なぜなら皆が先渡取引(フォワード)で為替予約することにより、フォワードの為替レートが変動してしまい儲けの余地がなくなってしまうからだ。

金利裁定は、金利差を利用して儲けること。将来為替レートの変動リスクがあるので為替予約をする。でも、みんながそれをすると、為替レートが変動。儲けがないくらいまで動き、利益のチャンスはあっという間に消えてしまう。
「カバー付き」とは、つまり為替リスクをヘッジするために将来の為替予約をしているという意味ですね。

アキ

中村教授

その通り。
金利平価説とは、いま金融界のいちおう成立すると考えられている常識です。
カバーなし金利平価との違いは、為替予約の有無ですね。

中村教授

為替レートを予測するには長期金利や金融政策が重要な指標です。
銀行や機関投資家の為替ディーラー、FXトレーダーに注目されるわけですね。

カバー付き金利平価の計算式

中村教授

計算式を紹介しましょう。
数字とアルファベットばかりですが、中身はそれほど難しくありません。
カバー付き金利平価の計算式

i-i*t+1-

iは国内金利、i*は外国金利、t+1は1年後の先渡レート、tは直物レートです。

中村教授

左辺は国内外の金利差を表わし、右辺は現在と将来の為替レートの差を表わします。
金利差があれば、将来は為替レートが変わっていく、ということでしょうか?

アキ

中村教授

その通り。
言い換えるとつまり「金利差は必ず為替レートで調整されてしまうため、為替予約でヘッジしながら金利裁定で高い収益を得ることは出来ない」ということです。
カバー付き金利平価
カバー付き金利平価(CIP)によると、内外金利差と直物先渡レート差(直先スプレッド)が等しくなる。

為替リスクを回避しながら金利裁定をしても利益は得られない。

計算式

i-i=F(t+1)-St

自国金利-他国金利=先渡レート-直物レート

カバー付き金利平価を使えばFXで儲かるのか

中村教授、先ほどのお話では「世界中の投資家が利ざやを狙っているので普通の投資家はチャンスが薄い」ということでした。

アキ

中村教授

そうです。

為替ディーラーなどの機関投資家が常に金利裁定機会に目を光らせていて、チャンスがあればすぐに資金を投入し、安全に利益を出しています。

中村教授

ただし、非合理的なことが起こるのがマーケットというもの。
だから個人のFX取引で対抗するのは難しい、と言われるのですが、実際はそうとも限りません。

カバー付き金利平価は多くのケースで成立しますが、為替レートの変動要因には購買力平価(物価)、マネタリーアプローチ、アセットアプローチ、投資家心理などが複雑に絡んでいます。
長期的な予測はある程度予測ができる可能性がありますが、短期的なトレンドはころころ変わります。

FXのデイトレードや短期投資家は、個人ならではの柔軟さで市場を先回りしたり、抜け穴を探すことはできるわけです。

中村教授

ジョージソロスのように通貨投機で巨額の利益を得た投資家もいるのですから。
トランプ大統領当選では、相場を読み誤って1,000億円ほどの損を出したそうですが
理論も活用しながら立派なFX投資家になりたいです!

アキ

ありがとうございました!

アキ

 

コメントを残す