【為替レート理論】カバーなし金利平価(UIP)とは。公式・計算式やFXへの活用をわかりやすく解説

Pocket

この記事では、外国為替レートのメカニズムの理論のひとつ、「カバーなし金利平価説(UIP)」をわかりやすく解説します。
中村教授、よろしくお願いします!

アキ

中村教授

中村です。
金利平価は、外国為替レートのメカニズムを説明する上で非常に重要な考え方です。
グローバルな資産運用にはもちろん、FX取引では短期・長期でもファンダメンタルズ分析で重宝する定番です。

カバーなし金利平価説(UIP)理論とは

中村教授

カバーなし金利平価の内容や計算式を紹介しましょう。

中村教授

カバーなし金利平価(UIP|Uncovered Interest Parity)とは、このような説です。
カバーなし金利平価とは、為替レートの変動を説明する理論の1つ。為替ヘッジをせずに現在から将来にわたって外国為替取引をする場合、直物と期待為替レートの差は内外金利差に等しくなる説です。カバー付き金利平価は為替変動リスクに備え将来の為替予約をするのに対して、カバーなし金利平価はリスクヘッジを考慮しません。

カバー付き金利平価との違いは為替リスクヘッジ

中村教授、カバー付き金利平価と、カバーなし金利平価の一番の違いはなんでしょうか?

アキ

中村教授

シンプルに為替予約があるかどうかです。

中村教授

カバー付き金利平価(CIP)は、あくまでも「為替リスクをヘッジするため、為替予約でカバーをする」ものでした。

しかし、為替ヘッジはしなくても良い、あるいは回避しようがないケースもあります。

たとえば、カバー付き金利平価では為替予約で利益額が確定します。
自分の都合の良いように為替が動いたとしても予約しておいた額以上には儲ける可能性はありません。

一方、「為替リスクを冒してでも為替差益を狙いたい」というリスクテイクしたがる投資家もいます。

他にも、マイナーな通貨で、為替予約がそもそも不可能な場合もあります。
その場合は為替リスクをまともに被ることになります。

ヘッジをするかどうかは投資家のリスク許容度しだい

中村教授

投資家は、自分の予想する為替変動率に基づいて、「これくらいなら許せるかな」と考え取引します。

たとえば上では中国の銀行金利が4~7%と言いましたが「将来それほど元安円高にならないだろう」と考えれば、ヘッジも何もせず円を元に替えて中国に預金することもアリなのです。

中村教授

このように、カバーなし金利平価によると「ヘッジをせずに現在から将来にわたって外国為替取引をする場合、直物と期待為替レートの差は内外金利差に等しくなる」と言います。

カバーなし金利平価説の計算式

中村教授

ここからは計算式です。

ii*=E(St+1)-St

iは国内金利、i*は外国金利、E(St+1)は1年後の直物レート、Stは直物レートです。

 

中村教授

左辺は内外の金利差を表わし、右辺は現在と将来の期待為替レートの差を表わします。
つまり「内外の金利差は市場参加者の期待をもとに為替レートに反映される」ということです。

為替ヘッジをせずに現在から将来にわたって外国為替取引をする場合、直物と期待為替レートの差は内外金利差に等しくなります。

内外金利差は期待によって説明できる

「将来それほど元安円高にならないだろう」という期待が、期待為替レートです。

金利や為替レートを精密に計算してリスクヘッジしながら利益を得る機関投資家と違い、これは個人の主観の要素が強いです。

リスクはもちろん高いのですが、もし読みが正確ならば他の参加者よりもはるかに多くの為替利益を得ることができます。

実際、ジョージソロスが利益を得たのは彼の鋭い読みで利益を得ました。

カバーなし金利平価のポイント
カバーなし金利平価(UIP)によると、直物と期待為替レートの差は内外金利差に等しくなります。
為替リスクを回避しないためリスクは高いですが、その分リターンを得ることもあります。

カバーなし金利平価の計算式

ii*=E(St+1)-St

自国金利-他国金利=1年後の期待レート-直物レート

カバーなし金利平価をFX投資に活用するには

中村教授

カバーなし金利平価が面白いのは、為替レートの変動理由を説明する際に「期待」という投資家心理を盛り込んでいる点です。
カバー付きの場合は金利差や為替予約といった定量的な内容でしたが、ここが大きな違いです。
そうですね。
期待というと、測るのが難しいですし、曖昧さが残ります。

アキ

つまり経済学では、為替レートに対してきっちりした数的なアプローチもありますが、合理的とは言えない人間心理とも向き合うわけです。
先渡プレミアム・パズルといって、成立するはずの理論が成立しない謎を「難問」として定着した言葉もあるくらいです。

FXで儲ける人がいたり、ジョージ・ソロス、ジムロジャーズのように投機で巨額の利益を上げる人がいるのはここが関係していると思います。

中村教授

特に理論と現実の為替レートが大きく乖離しているときなどは要注意でしょう。
市場を注視して、あなたなりの気づきがあればトレードで有利かもしれません。
期待ができそうです!
ありがとうございました!

アキ

 

コメントを残す