【損しない】会社売却の相場と価格の計算方法 | 会社売却・M&Aで知りたい企業価値算出方法

offices-whiteshirts

Pocket

この記事では、元アナリストの村田さんに、中小企業の会社売却価格について相場と計算方法をうかがいます!
村田さん、よろしくお願いします!

アキ

村田さん

村田です…。
最近流行っているのが会社売却やその手段のM&Aです。
以前は売却というと「乗っ取られる」「身売り」というネガティブなだったのですが、今はどうなんでしょう?

アキ

村田さん

最近ではポジティブに捉えられることが多くなっています。
事業はうまくいっていて従業員の雇用も確保したい一方、経営者の高齢化や後継者不足が深刻で、手段としてM&Aの活用が注目されています。
社会的な意義もあるのが最近のM&Aの捉えられ方なんですね。
ただそれだとM&Aが増えると、売却価格の決め方がより注目されそうですね。

アキ

村田さん

その通りです。

会社売却・事業売却の価格相場

村田さん

実は、会社売却の価格には明確な基準がなく相場でバラツキがあります。
「売上高によって何億円」「資産価値によって数千万円」などと明確な基準があるわけではありません。
  • 資産価値と借金の精査
  • 市場での需要と供給
  • M&Aでの統合効果

村田さん

などで大きく変わってきます。

村田さん

業績好調ではなく借金がある会社に意外な高値が付く事例もあります。
まずは、明確な基準はなく、相対の交渉で価格が決まると申し上げておきます。

村田さん

なので「売れないのではないか」など過度に悲観するともったいないかもしれません。
売却への備えは必要

村田さん

その上で、交渉なので一定の事前知識や売却への備えは必要です。

売却は一生に何度もすることではないので、「自分に適切な取引ができるのか?」心配になるかもしれません。
記事の最後ではその点をフォローしてくれる、着手金ゼロ・成功報酬制のM&A仲介会社の選び方を紹介します。

価格がつきやすい企業の特徴

村田さん

このような会社は価格がつきやすい傾向があります。
  • 一定の売上規模(数億円〜)
  • 業績が良好傾向
  • 無借金か適度な借入金
  • 特定の取引先に依存していない
  • 社長への依存度が低い

たとえばこちらの記事「企業価値とは何か。意味や計算をファイナンス理論で解説」では企業価値について解説していますが、いくら交渉ごととは言っても、会社売買の相場の算出の方法はあるのでしょうか?

アキ

culcuration 【M&Aに活用】企業価値とは何か。意味や計算をファイナンス理論で解説 | M&Aと企業価値

村田さん

良い視点ですね。
実際は、交渉の前提となる計算方法があります。

会社売却の価格の計算

村田さん

それではここからは会社の売却価格の案が実際にどのように決まるのか、3つの計算方法を紹介します。

資産評価(コスト・アプローチ)

村田さん

資産評価の計算とは、財務諸表のバランスシートを見て、企業が今保有する資産銀行借入れや買掛金などの資金調達をみて企業価値を計算する方法です。

村田さん

ご存知のように、バランスシートの資産欄には、現金や売掛金、固定資産など資産価値を計算しやすい項目が多いです。
純資産の欄は主に自己資本なので良いとして、負債欄には銀行からの借金や取引先からの買掛金など、こちらも比較的わかりやすいです。

村田さん

まずはこのバランスシートを見るのが前提になります。

簡単な取引では、ほとんどこの資産だけを見て会社売却価格が決まることもあります。
ここで借金が多いからと言って、落ち込む必要はありません。
負債が多くても、統合効果を期待されて意外な価格がつくケースもあります。

同業比較(マーケット・アプローチ)

村田さん

同業比較とは、同じような事業の競合他社と自社を比較して、企業価値を推定する方法です。

村田さん

上場企業であれば市場の株価が参考になりますが、非上場の場合は株価がつかないのでそうはいきません。
そこで、上場している類似企業や他の売却事例を参考に、売り上げ規模や利益率を見て、「自社の規模ならどれくらいだろう」と企業価値を計算します。

キャッシュフロー(DCF法)

村田さん

バランスシートだけでは判断しきれないものがあります。
それが将来のキャッシュフローです。

村田さん

DCF法(ディスカウントキャッシュフロー)とは、将来の利益をもとに企業価値を計算する方法です。
将来の利益から銀行の支払い利息分を考慮して会社の値段が決まります。

DCF方法はこちらの記事「DCF法のわかりやすい割引計算と企業価値・株価(公式付)」で詳しく紹介しています。


村田さん

ここまで、資産、同業比較、キャッシュフローと3つの方法を紹介しました。
実際はどれかの方法だけが使われると言うよりも、これら3つの点から総合的に判断して、あとは交渉で会社の価値が決まります。

村田さん

バランスシートだけを計算すると資産価値が少ないよう見える会社でも、M&Aでキャッシュを稼げる見込みがあれば売却価格がつくケースがあると言いましたが、理由はDCF法のような将来の統合効果や利益を考慮に入れるためです。

村田さん

買収する会社からしても、ただ買い叩いて摩擦を生みせっかくの買収のチャンスを逃すよりも、適切な評価をして円滑に買収したいと考えるものです。

企業価値の計算は難しい。事業承継で損をしないための交渉

村田さん

簡単ですが、企業価値の計算方法を解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。
やっぱり会社の売却やM&Aは複雑で、大変そうだと思いました。

アキ

村田さん

そうですね。
会社を経営するのも大変ですが、最後に承継するのも、やっぱりエネルギーは必要です。

村田さん

ある程度の事前知識は必要ですし、企業価値もしっかり計算できたほうが良いに越したことはありません。
情報は命ですからね。

村田さん

廃業するのも法律や財務など複雑な手続きがあって大変です。
売却は先延ばしにしても、会社の売却手続きは普通半年〜数年かかります。
承継も延ばせば延ばすほど、後でしんどい思いをすることになってしまいます。
そうですよね。
記事の冒頭で経営者の高齢化が進んでいるとありましたが、私なら若くて気力も体力もあるうちに早めの決断をしたい気がします。
あとは、やっぱり専門家と相談しないと無理気がします…

アキ

村田さん

無理もありません。
そこでひとつ考えて欲しいのが、M&Aの仲介会社に無料相談する選択肢です。

村田さん

大変だからといって売却を先延ばしにしたり、「大した値もつかないだろうから廃業しよう」と諦める前に、一度相談をオススメします。
M&A仲介会社は選び方さえ間違わなければ、専門知識を持つ強力な味方になってくれます。

M&A仲介会社を使うメリット

仲介会社というと専門的にM&Aのアドバイスをしてくれる会社ですよね?
たしかに良い気もしますが、会社の昔からの顧問の会計士税理士の先生ではダメなのでしょうか。

アキ

村田さん

長年の信頼関係のある会計士や税理士は、もし可能なら相談したほうが良いでしょう。
あなたと同じように会社の事情に精通しているはずですから、有益なアドバイスが得られるはずです。

ただし……

はい…

アキ

村田さん

ただしいくら会計や税務の専門家だとしても、いざ会社売却となると経験が人は少ないのではないでしょうか。

村田さん

先ほどもお話しした通り、M&Aには財務、法務、事業の専門知識と、M&A特有の交渉力が要ります。
買収候補を見つけ出すネットワークも必要です。
会計士や税理士は会計や税務の面についてプロであっても、M&A事情については、完璧でないことが多いです。

村田さん

たとえば笑えない話ですが、M&Aの「企業価値」は株主目線、加えてあえて言えば債権者目線が必要です。
しかしある税理士は税効果会計で企業価値を測っていたということもあるそうです。
それはさすがに…汗
専門とは医者の専門分野のようなイメージですか?
眼科医が足の骨折を治療するような……

アキ

村田さん

いい例えです。
M&Aとは本来M&A専門人材がコアメンバーに入り、M&Aの実務経験がある人が執り行う、専門能力が求められます。
M&Aならではの慣習や相場観もあります。
それなのに、経営をしてきたから大丈夫だろう、会計しだから売却価格が分かるだろう、などと自己判断してしまっては、思わぬミスマッチが生まれてしまいかねません。
会社経営も総合力と専門性は要りますが、M&Aはまた別の能力が必要だということですね。

アキ


村田さん

その点、M&A仲介会社は弁護士、会計士、税理士、経営コンサルタントなど様々な専門知識と経験がある人材が揃っており、M&Aに精通しています。
あなたの会社の企業価値を適切に評価し、ふさわしい買収候補を探し、スムーズに交渉も売却手続きも行ってくれるとしたら、強力な武器ではないでしょうか。

仲介会社の手数料はやっぱり高い?意外な事実

M&Aの専門知識をもつM&A仲介会社ですが、手数料が高額なのではないですか?
企業価値算出や買い手候補探し、実務手続きがあると、着手金だけでも数100万円かかるイメージも…

アキ

着手金や月額報酬制のM&A仲介会社も

村田さん

では着手金から説明しましょう。
東証一部上場のM&A仲介会社で着手金を取っているの代表は日本M&Aセンターです。

村田さん

一般に、着手金を取っている会社では着手金だけで100万円〜500万円かかることもあります。
他の仲介会社でも、それに月額固定のリテーナーフィーがかかる仲介会社もあります。
会社を経営したことのない私には日本酒を吹き出そうな金額です…

アキ

村田さん

たしかに普通の感覚ではそうですね。
ただ、M&Aは会社どうしの額が大きい取引なので、無理はありません。

村田さん

もちろん、着手金が悪いわけではありません。
着手金を受けているからこそ、成功報酬欲しさに焦らず、じっくり時間をかけて良い相手探しができます。

村田さん

M&Aは買い手候補を探すまでの間でも、実に多くの実務作業があります。
会社の財務状況を把握し、ビジネスの強み弱みを把握し、法的に問題がないかをチェックし…
さらに買い手に打診するための資料も作成します。

村田さん

月給50万円の5人のプロ実務者に動いてもらうとして、経費含めて月400万円くらいは必要になるでしょう。(他の案件と同時並行と考えるとややこしくなるのでそれは無しにします。)
このようなM&A仲介会社の仕事量とコストを考えれば、着手金を払って一部の費用を負担するのは決しておかしいことではないと言えます。
とはいえ、いくらM&Aで専門人材に働いてもらうからといっても、売却が決まるかどうか分からないのに着手で数百万円は大きな出費ですよね。
資金に余裕がなければ高額で無理です。

アキ

村田さん

そのような中小企業もあります。
そこで着手金や中間金などが一切かからず、成約が決まったときだけ成功報酬を受け取る仲介会社も存在します。

インテグループをオススメする2つの理由。コストも売却価格もひと工夫

村田さん

成功報酬型で私がオススメしたいのはインテグループです。

インテグループ

インテグループ 藤井一郎

(画像)インテグループHP https://www.integroup.jp/

村田さん

インテグループの特徴はこうです。
  • 買収・売却候補の情報を数多く保有
  • 同時並行で複数の買収候補にアプローチする
  • マネタイズの選択肢が多い

村田さん

成功報酬で成り立つ理由は、何もはじめ無料を謳っておいて、何が何でも成約させる強引な営業なのではありません。
勘の良い人は分かる、ちゃんとした理由があります。

買収・売却候補の情報を数多く保有

村田さん

成功報酬で相談も着手も無料のため、買収したい会社も売却したい会社もどちらの情報も多く手に入ります。
するとマッチングできる可能性が高くなります。

同時並行アプローチ

村田さん

また、売却先を探す時、1社づつ打診するのではなく複数の会社に同時にアプローチするため期間が短くコストが抑えられます。
もちろん、事実上多くの買い手によるビット形式になるので相対取引よりも売却価格は上昇する傾向にあります。
もちろん、売却価格に応じて手数料が決まるので売り手も仲介会社も嬉しいし、熱心な買い手が見つかる訳です。
ビッド形式の良し悪し
ビッド形式とは、オークションと同じような意味でしたね。(以前村田さんからの受け売りです)
売却する会社からすれば価格が上がって嬉しいですが、買い手の負担が増えて候補先が減るのではないですか?

アキ

村田さん

とても重要なポイントです。
私の経験上ですが、

「他の買い手より多く出してでも買いたい」という企業は、経営熱心で、後で従業員も大切にする傾向があります。

一方、「安くなければ買わない」スタンスの会社は、そもそも買収に熱心ではなく、仮にM&Aがまとまっても従業員を大切にしない傾向があります。

村田さん

これは商売の経験があると実感が持てるのではないでしょうか。
例外はありますが、「買い叩こうとする客は上客にならないことが多い。
ならばそのような買い手企業にはいっそ初めから消えてもらった方が良いとも考えられるのです。
ビット形式は、踏み絵の役割もあるんですね。

アキ

村田さん

中には情報収集のためだけに買い手のフリをして「買収候補を探している」と装ってM&A仲介会社を使う会社もあります。
抜け目ない会社もあるんですね…

アキ

村田さん

M&Aはお金に敏い人がたくさん寄っては消えていく世界です。
長年の実績と信頼がある人はたくさんいますが、残念ながら専門知識を持ち合わせておらず企みだけを持っている人もいます…

マネタイズ

村田さん

またマネタイズですが、希望する社長には様々な手段を提供できます。
たとえば少し技術的な話になるので読み飛ばしても良いのですが、ファンドへの譲渡をして間にSPC(特別目的会社)を挟み、社長もSPCの一部株を保有し続け、上場を目指して第2エグジットを狙うスキームです。

村田さん

「なるほどその手があったか」と思いましたね。

「着手金・中間金を省いて完全成功報酬公明正大な中堅中小企業M&Aの実践」
インテグループ株式会社 代表取締役社長 藤井一郎
LEADERS FILE https://leaders-file.com/interview/2289/

村田さん

やや逸れてしまいましたが、
結果として、同時並行の短期決着のため、入札により売却価格は上がり仲介コストが抑えられます。
その他、希望する社長にはファンドを絡めたスキームも提供できるのが強みですね。

売却価格が気になるなら無料の企業価値計算も

村田さん

売却価格が気になるという方は、無料で企業価値計算をしてくれます。
相場は数十万円から、中堅規模の会社になると数百万円を超えることもありますが、まさに価格破壊です。

「本当に価格が付くのか」
「いくらくらいで売れるのか」

村田さん

廃業や、今の状況で高く売れないだろうと考えるのは勿体無い。
なぜなら、専門家が計算すれば意外な発見があるかもしれません。
また、ふさわしい売却先候補が見るかる見込みもあります。

村田さん

価格に落胆しても、企業価値を高めるためのアドバイスをもらえれば、今後のためにも役に立つのではないでしょうか。

会社売却とM&Aの相場まとめ

村田さん

売却価格には明確な基準はありませんが、業界ならではの慣習や交渉のコツは奥深いです。

村田さん

会社の社長はその業界には精通していても、会計士、税理士、弁護士などの専門家の知恵を頼ることはあると思います。
同じように、M&Aも事業・財務・法務やM&A業界の専門知識が必要です。
自分の頭だけで考えるより、はるかに有意義な情報が得られるはずです。

村田さん

以前ならば着手金や中間金が高額なため敷居が高かった会社売却やM&Aという選択肢ですが、今は後継者不足で技術や雇用の継続が社会的課題。
多くのM&A仲介業者が生まれています。

村田さん

中には専門知識も持たず、買い手・売り手情報だけを集めてマージンを取るM&Aブローカーもいるので要注意です。
守秘義務があるのに明らかに書類の管理がずさんだったり、M&A成約を焦るあまりどちらかに不利益な妥協を強いる業者もいます。

村田さん

M&Aは専門知識と、最後はプロとしての誠実さが一番重要です。
それには長年の経験と実績、そしてアドバイザーとしての思いが大切です。

思いは数字で測れないので、是非とも直接対面して社長の目で判断するようお勧めします。

村田さん

今回は売却企業の側に立ち、10年以上の実勢があるプロ集団のインテグループを紹介しました。

村田さん

会社の売却は大変な仕事ですが、廃業より金銭的にも従業員の雇用でもメリットがありますし、あなたの会社を欲しがっている会社もあるはずです。
先に伸ばせば体力・気力の面でも今よりもっと大変になるかもしれません。

村田さん

もし興味があれば、インテグループで無料相談してみるのも一つの選択肢だと私は思います。
村田さん、ありがとうございました。
会社売却の価格の決まり方や、仲介会社という選択肢の良さもよくわかりました。

アキ

インテグループに無料相談する

インテグループ


Pocket

コメントを残す