失敗しないバリュー投資の方法はバフェット流に学ぶ。割安さと安全なバリュー投資

pc-coffee

このページでは、ビジネスや投資で失敗しない、バリュー投資の方法を解説します。

バリュー投資で重要なのは割安さと安全性(安全マージン)です。

バリュー投資やバフェット流の投資方法を知りたい方だけでなく、ビジネスでも安全に収益を上げるヒントになります。

バリュー投資をビジネスに生かす

バリュー投資の方法は投資だけでなくビジネスにも生きます。

ポイントは、

  • 割安
  • 安全

です。

バリュー投資と割安さ

バリュー投資は慎重で、「企業価値よりも株価が割安かどうか」を評価します。
別のページで紹介している方法などを使って、まず自分なりに企業価値を計算してみます。

そして自分なりの理論株価を計算します。
その理論株価が、今市場でついている株価よりも高ければ、割安、低ければ割高です。

良い投資家がどのように投資をするかと言えば、「実際の企業価値は非常に高いのに、今その企業は不当に評価されていて株価は実態以上に低い企業」に投資をするのです。

こうすれば長期的に見てほぼ確実にリターンを得られます。
株価は、一時的に間違っていることがあっても、いつか必ず企業本来の内在的価値に合わせて収束していきます。

バリュー投資と勝敗

これは、初心者がよくやりがちな、「今株価は底を打っており、これから株価が上がるだろう。だから買おう」という考えとは違います。
そのような考えの投資家は、株を保有した後に株価が上がって初めて勝ったと言えます。

バリュー投資家の方法は、投資した時点で勝っているからです。
ここにバリュー投資の本質があります。

「実際の価値よりも低い株価で買う」のが割安な投資です。

PERやPBRなどは、割安かどうかを判断する一つの参考として使うのはありですが、絶対的に信頼するべきものではありません。
他の企業と比較する、あるいは同じ企業でも時系列で比較するための、ただの相対的指標にすぎません。

すべてはこの企業の稼ぐ力が原点であることを忘れてはなりません。

バリュー投資と安全性

バリュー投資家はたしかな安全性を求める、慎重すぎる方法です。

銀行の金庫
企業価値評価を間違うことを前提に投資します。

自分で適正な企業価値を計算すると言っても、投資家は間違います。
未来予測は非常に難しいものです。

ですから「価値評価をいかにうまくやるか」よりも、間違うことを前提に対処していく方が現実です。

つまり重要なのは、徹底的な調査に加えて、「自分の思う企業価値が多少間違っていたとしても大丈夫なほどの割安圏内」で投資することです。

絶対に負けないために1000円だと思う企業株価に対して、株価が100円でなければ買わないというのもありです。
あり得ない例だと思うでしょうか。

しかし、バフェットがコカ・コーラ社に投資したのは、1988年で当時2.45ドル、2016年12月23日は41.60ドルです。
あなたも探せば必ず見つかります。
コカ・コーラ株価
(参考)Yahoo!ファイナンスhttp://finance.yahoo.co.jp/

安全マージン

このように、安全圏で投資をすることをバフェットはMargin of Safety(安全マージン)と呼んでいます。
この慎重さがあったからこそ、長きにわたって卓越した業績を残せたのです。

投資判断は、将来のキャッシュと、適切な割引率を設定することが全てです。
しかしそれは未来のことであり、未来を予測するのが難しい。
それが投資の奥深さです。

投資判断のプロセス
  • 1 企業が現在保有する資産価値を計算
  • 2 企業が将来生み出すキャッシュを計算
  • 3 将来のキャッシュを現在価値に割り戻し、1と合計する
  • 4 3の価値が、株価よりも十分高いなら投資

投資家にとっては2と3が腕の見せ所です。
自分がいかに世の中を見通しているか、将来を予測しているのかまともに現れます。
経験や財務を読む力だけでなく、価値観や哲学が存分に発揮される仕事です。

また、いつ売るか?ということも投資家の間で違いが出ます。
ただバリュー投資は買うまでが圧倒的に重要なので、皆さんの好みのスタイルを見つけだしてください。

根本は、バリュー投資はこの4つのプロセスで説明できるほどシンプルなものです。

ビジネスに生かすバリュー投資のコツまとめ
  • 1 自分なりの企業価値(=理論株価)を計算する
  • 2 株価は企業価値よりも割安か
  • 3 安全といえるくらい割安か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。